オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

新たな太陽光発電

太陽を浴びるひまわり

最近、エネルギー発電において新たな太陽光発電が注目されています。
この発電方法で規模が大きいものをメガソーラーと言います。
20世紀から全世界で過度のエネルギー需要や地球温暖化、石油資源の枯渇から半永久的に供給可能なエネルギー資源が注目されてきました。
この中の一つに太陽光発電があります。
日本でも1980年代から太陽光発電を開発、運用できる環境が整ってきました。
この発電はクリーンなエネルギーとしての魅力だけではなく投資対象としての魅力もあります。
ソーラーパネルを設置すればパネルが壊れるまで電気を作ることができ、それを売ることで利益が出ます。
ソーラーパネルの規模が小さいと利益も小さいですが、規模が大きいメガソーラーとなると初期投資が数億円となりますがそれに比例して利益も大きくなります。
また株や国債などの投資は運用するためにそれなりの知識が必要ですが、太陽光発電の投資は設置してしまえば自動的に利益が取れるので深い知識もいらず、放置しても大丈夫なのです。
天候によって発電量変わってしまったり、自然災害などの心配もありますが、きちんと保険に入っておいたり、運用会社と話し合いをすれば安心です。
このような点に気を付ければ銀行に預けるよりも良い金利となります。

自然エネルギー

東日本大震災以降、単独の電力源に依存する事の危険性と脱原発、また自然エネルギーへの注目の高まりから、メガソーラーへに注目が集まっています。
メガソーラーとは言ってしまえば大規太陽光発電のことですが、日本において再開発も難しいため放置されていた農地や空き地など、太陽パネルさえ設置できれば運用が可能という事日本全国で様々な取り組みが行われています。
例えば上にも上げたような放置された農地やバブル期に開発された山林などにソーラーパネルを設置することで使うあてがない土地の再利用を行うという物。
変わった所では、ある程度涼しい所の方が発電しやすいという事で、農業用水路の上に設置するという取り組みも行われています。
運用面においては、メガソーラーの発電効率を上げるために新しいパネルを開発するのはもちろんのこと、自動で角度調整を行う事で発電効率を最大まで上げる技術の開発、他にも太陽光パネルの下で育つ作物を作る事で金銭的な利益を得ようというという変わった取り組みなども行われています。
そしてメガーソーラーの設置の際には、そこから上がる利益を還元するという「投資」という意味合いを持たせる企業や市町村も多く、投資ファンドとしてメガソーラーの設置を行っている企業もあります。
これらの問題点としては、どうしてもまだ効率がよいとは言えない為補助金に頼って運用しているという所にあり、その補助金を削減するという事が国会で議題に挙がっている現在において今後の先行きが不安視されています。